上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


例えば あなたが 僕の前で笑ってても
酸素の足らない僕はいつも 喘いでいる

何ひとつ 生まれてこないような 簿暗い 僕のこの朝で

戸惑って 繰り返す 真昼の嫌な夢
いつまでも 怯えてるから 見つけて

暫く 青くて狭い部屋で探していた
思いもよらない場所にきっと 隠れてる

戸惑って 繰り返す 真昼の嫌な夢
いつまでも 怯えてるから 見つけて

夜が染み渡り またじわりと 置き去りの僕 泣きだしそう
雨の匂いから 生まれてくる 少しだけ僕 素直になる

頭の中には 住みついてた虫達が騒ぐよ 柔らかい痛み 包まれてゆく
おかしくなりそうで————。

夜が染み渡り またじわりと 置き去りの僕 泣きだしそう
雨の匂いから 生まれてくる 少しだけ僕 素直になる
夜が染み渡り またじわりと 置き去りの僕 泣きだしそう

落ち込みたがった僕が ほら ドアの前 微笑む



by: plastic tree


*************************************************




最喜歡的他們的第一首也是最後一首歌。





スポンサーサイト


















管理者にだけ表示を許可する


| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2017 「幻想」赤玉, All rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。