上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


Gravity               


Been a long road to follow,
Been there and gone tomorrow,
Without saying goodbye to yesterday

Are the memories I hold still valid?
Or have the tears deluded them?

Maybe this time tomorrow,
The rain will cease to follow,
And the mist will fade into one more today

Something somewhere out there keeps calling
Am I going home?
Will I hear someone
Singing solace to the silent moon?

Zero gravity
What's it like? (Am I alone?)

Is somebody there beyond these heavy aching feet?
Still the road keeps on telling me to go on...

Something is pulling me
I feel the gravity of it all





by:坂本真綾





ドミノ


呼吸途切れて苦しがっても
誰も歩幅を合わせてくれず
投げやりになる日々の暮らしが
生き急いでる現代の写し絵

時間に迫られて 自分を見失って

いつからだろう?気が付いたら
もう素直に笑えなくなり
雨に打たれ 涙隠す
疲れ果てた君の顔

自分の心犠牲にしても
頑張る事に意味はあるのか?
君が選んで決めたその道
終わりにするのも そう君次第
答えなんて無いさ でも間違いはあるだろう?
誰だって彷徨い 自分と向き合っていく

胸を張って 生きれるまで
君が笑顔 見せられるまで
僕は歌い続けている
明日を掴みとって

空を見ないよ 陽が昇るよ
眩し過ぎる 光を浴びて
走り出して 振り返らず
目に見えないもの信じ

君は一人じゃないからさ



就算呼吸間斷感到痛苦也好
誰也不會配合(你的)腳步
變得恍惚的日常生活
匆忙現代生活的寫實畫

被時間壓迫著 迷失了自己

那是什麽時候呢? 察覺到的時候
已經無法坦率地笑了
被雨點擊打著 掩藏起淚水
疲憊不堪的你的臉龐

即使犧牲了自己的心
繼續堅持下去這件事還有意義可言麽?
你自己決定選擇了的這一條道路
就算要將它結束 那也全在於你自己
並沒有什麽絕對的答案 但就是哪裏出錯了不是麽?
誰也一樣彷徨無助 漸漸地需要面對自己

直到能挺起胸膛活著爲止
直到能看見你的笑容爲止
我會一直唱著歌
緊抓著明天

不望天空 太陽同樣的升起
浸浴在強光之下
踏出步伐 不回首過去
堅信著眼前看不見的事物


因爲你並不是孤獨一個人啊








スポンサーサイト


















管理者にだけ表示を許可する


| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2017 「幻想」赤玉, All rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。