上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

沈む空

by:蜉蝣


何時からだろう? 自分さえも
なにも見えなくなった
汚れを知った だけどそれが
オトナになる為と信じていた

子供の様に 見上げた空は
青くて眩しかった
それが今では 黒に染まり
落ちてきそうになっている

帰りたい 帰りたい 帰りたい あの曰に

傷付いて傷付けて痛みに慣れていく
そこにある存在は自分じゃないと感じた
沈みゆくこの歌が誰かに聴こえるのか?
それさえもわからなくなっていった

傷付いて傷付けて痛みになれていく
そこにある存在は自分じゃないと感じた
沈みゆくこの歌が誰かに聴こえるのか?
それさえもわからなくなっていた
ここにある場所は求めたモノじゃない
昔見た青空にもう一度逢いたいだけ
ゆっくりと瞳を開き季節を眺めても
花は散り鳥達は死んでゆく

だから僕は希望を棄て いなくなりたいと思った
いけない事と理解っているけど 苦しくて
生まれ変わる事があるなら 草木でも構わない
ただ僕は少し眠りたい



那是什麽時候呢?包括自己在内
一切都變得那麽模糊不清
雖然清楚明白什麽叫渾濁
但我相信那只是
爲了變成大人必定會經歷的階段

像個孩子般 仰望著的天空
蒼藍得讓人覺得刺眼
但現在那片天空 染上了色
似是就要墜落了般

想要回去 想要回去 想要回去 那一天

傷害別人、被別人所傷漸漸習慣了痛楚
感覺到在那裏所存在著的並不是自己
有誰正在聼著這首逐漸消沉的曲子麽
就連這一點點的事物也變得無法預知

傷害別人、被別人所傷漸漸習慣了痛楚
感覺到在那裏所存在著的並不是自己
有誰正在聼著這首逐漸消沉的曲子麽
就連這一點點的事物也變得無法預知
在這裡存在著的地方並不是我想要的
雖然想要再見一次過去仰望的那一片藍天
緩緩地張開眼遙望四周景色
盡是散落的花朵和逐漸死去的鳥兒

所以我遺棄了希望 想要消失在這個世界上
明白這樣的決定是不行的 但是 好痛苦
若是能夠輪回轉世的話 變成花草樹木也沒關係
我只想稍微地瞑睡一下









************************









一邊翻譯一邊感覺眼淚就要飆出來
明明說過活著比任何事情都來得重要
就算沒有意義也好 活下去就是希望
可是就是會忍不住對抱有這樣積極想法的自己產生厭惡感


いけない事と理解っているけど 苦しくて


是真的很痛苦
當自己陷落那種情緒之中的時候

然後明天睜開眼睛又是一天。




這樣活下去也不是一件壞事
自己又沒有什麽病痛也不用挨餓四肢健全的





but....

IT'S A SIN TO KNOW AND FEEL TOO MUCH WITHIN.





スポンサーサイト


















管理者にだけ表示を許可する


| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2017 「幻想」赤玉, All rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。